健康機器の活用で蘇る快適ライフ|酸素カプセルで内側リフレ

スマイル

効果と利用するペース

笑顔

細胞の働きが活発に

人間は酸素を呼吸によって常に体に入れていますが、それは酸素が細胞のミトコンドリアのエネルギーとなるからです。体は細胞でできているので、その細胞のエネルギーとなる酸素は、体の状態を維持するためには必要不可欠な存在です。そのため人間は常に呼吸をおこなっているわけです。そしてその酸素を、より効率良く体内に入れることができるのが、酸素カプセルです。酸素カプセル内は、溶解型酸素という、体に溶け込みやすい酸素が充満している状態です。そのためその中に入ると、体にしっかりと酸素が入り込みますし、それをエネルギーとして使うことで、細胞の働きが活発になります。そしてその結果、疲労回復効果やアンチエイジング効果などが出てくることになるのです。

3日に1度の利用

酸素カプセルの利用によって体に入ってきた溶解型酸素は、細胞にゆっくりとエネルギーとして使われていきます。そして、それが完全に使われるまで、約3日かかります。つまり酸素カプセルの効果は、3日間持続するわけです。その後、活発になった細胞は徐々に元の状態に戻っていきますが、追加で酸素カプセルを利用すると、再び活性化します。したがって3日に1度のペースで酸素カプセルを利用していれば、細胞の活発な状態が続くことになるのです。酸素カプセルは、スポーツジムやリラクゼーションサロンなどに設置されていることが多いです。そして、疲労が蓄積しやすい人や、若々しい体の維持を希望する人の多くが、それらにこまめに通って、酸素カプセルを利用しているのです。